最新のがん治療とは?がんに打ち勝ちたい人は免疫療法

免疫療法でがん細胞を撃退!従来の治療法と併用してがんと闘おう

医療は日々進化している

医療は、どんどん進化しているため昔は難しいと言われていた病気も治すことができるようになってきています。そのため、病気を治して元気を取り戻せた人も増えているでしょう。例えば、骨粗鬆症。骨粗鬆症は、骨がもろくなる病気です。しかし、プライマリーセルという初代培養細胞によって治療効果があるといわれています。また、がん治療も新しい治療法が出てきていて、それを取り入れているクリニックも東京で見つけることができます。その治療法とは従来の抗がん剤の他、副作用の少ない免疫療法ががん患者の希望となっているでしょう。

従来のがん治療法と免疫療法の違い

従来のがん治療とは

がん治療と言えば、外科手術や放射線治療、抗がん剤治療が昔から行われてきています。しかし、特に抗がん剤は副作用が強く吐き気や脱毛などが現れてくるため、治療にも大変な気力と体力が必要となっていました。

免疫療法とは

免疫療法は、免疫細胞を使った治療法で、抗がん剤とは違って副作用が少ないとされています。そのため、体力を大きく下げることなく治療を開始できるでしょう。

最新のがん治療とは?がんに打ち勝ちたい人は免疫療法

ハート

副作用を軽減した治療

がんは体をあっという間に蝕んでいくため、現代でも恐れられている病気です。また、そのがん治療の方法も副作用が強いため、耐えるのも大変でしょう。しかし、今は副作用が少ない治療があります。それが、免疫療法です。免疫療法は、自分の体にもある免疫細胞を使った治療のため副作用も少なく、病気で免疫が減った体でも効果が現れやすいです。

相談

あらゆるがんの治療にも利用できる

免疫療法は、外科手術や抗がん剤など他の治療と一緒に行なうことで、より効果を発揮する治療です。そのため、胃がんや大腸がん、乳がんなどあらゆるがんにも効果が期待できるでしょう。特に、乳がんはNK療法が適していると考えられています。

がん免疫療法の種類一覧

  • 樹状細胞を増やして行なう樹状細胞ワクチン療法
  • NK細胞を増殖させて治療する高活性化NK細胞療法
  • アルファ・ベータT細胞を使って行なう高活性化アルファ・ベータT細胞療法
  • 2つの免疫細胞療法を組み合わせたハイブリッド免疫療法

広告募集中