下肢静脈瘤って知ってる?足の血管が目立つ人は病気かチェック

その症状は下肢静脈瘤かも!女性は特に要注意の血が逆流して起こる病

足の血管が瘤状に浮き出ているなら注意

血管は多少膨らんでいることもありますが、それが瘤のようになっていると病気の可能性があります。その病気というのが、下肢静脈瘤です。

下肢静脈瘤による症状

  • 血管が浮き出ている
  • 瘤のように血管が膨らんでいる
  • 足のむくみがひどい
  • だるくなる
  • かゆみや湿疹などがある

下肢静脈瘤って知ってる?足の血管が目立つ人は病気かチェック

医者と看護師

命にかかわらなくても治すのが一番

下肢静脈瘤という病気になると、血管が瘤のように膨らんで浮き出てきます。それが、よくみられる症状です。しかし、この病気は命にはかかわることが少ないため緊急性の低いものとされています。ですが、下肢静脈瘤によって合併症を引き起こすことがあるため、治していくのが良いでしょう。

カウンセリング

下肢静脈瘤になる原因とは

血管が浮き出てくるなどいろんな症状が出てくる下肢静脈瘤は、きちんと発症原因があります。その原因は、足に通っている血管が逆流することによって、静脈内で血管が溜まることです。溜まると血管が膨らみ瘤のようになります。それが、下肢静脈瘤になると出る瘤の正体です。

下肢静脈瘤になりやすい人はこんな人!

病院

女性でかつ出産・妊娠経験者

下肢静脈瘤は、男性よりも女性がなりやすいとされています。特に女性の中でも出産や妊娠経験があるとさらにリスクは高まるため、気を付けた方がいいでしょう。

立ちっぱなしや座りっぱなしが多い人

仕事柄、長時間立ったり座ったりしている人も注意が必要です。この状態の人は、血の巡りが悪くなりやすい傾向にあります。そのため、下肢静脈瘤の発症リスクも上がるでしょう。

年齢が高い人

下肢静脈瘤になるのは、若い人より年齢が高めの人の方が注意が必要です。なぜなら、加齢によって血管ももろくなってくるからです。血管がもろくなれば、逆流を防ぐ役目を果たす弁が作用しにくくなるので、年齢を重ねるとその分リスクも高くなります。

太っている人

肥満な人は、あらゆる病気のリスクを抱えますが、下肢静脈瘤もその1つ。肥満であることで、足へかかる負担は大きくなります。そして、その結果静脈の血圧が上がり、瘤ができやすくなるのです。

広告募集中