糖尿病になると体にどんな変化が現れるのか?口臭にも要注意!

口臭もきつくなるの?糖尿病によって起こる症状や合併症を把握

糖尿病になると体にどんな変化が現れるのか?口臭にも要注意!

ドクター

糖尿病は恐ろしい病気

糖尿病という病気があることを知らない人は、少ないでしょう。それほど、東京など全国各地で患っている人が多い病気ともいえます。糖尿病は、インスリンの働きが悪いために、血糖値が高い状態が続く病気です。この血糖値が高いと、あらゆる血管がボロボロになり体の状態を悪くしていくのです。ですから、診断されたらすぐに治療を開始する必要があります。

病院

体に起こる症状とは

糖尿病になるとどんな症状があるのか、予防や早期発見のために覚えておくといいです。まず、代表的なのが頻尿です。また、のどが渇きやすくなるのもよくある症状でしょう。その他にも、体臭や口臭がひどくなるといったこともあるとされています。体臭や口臭は、糖尿病と関係がなさそうに感じる人もいるかもしれません。しかし、インスリンの分泌が上手くいっていない体では、臭いのもととなる物質が発生しやすいため、口臭などが起こることがあるのです。

看護師

合併症に注意

恐ろしい病気である糖尿病は、合併症が起こりやすいとされています。ですから、早めに治療を始めないとどんどん体の状態は悪くなるでしょう。糖尿病によって体が壊疽したり、失明することもあるほどです。ですから、自分の体の状態を少しでも維持するため、治療をしてください。主な治療法は、食事療法や運動療法、インスリン注射などの薬物療法がほとんどです。

糖尿病を発症することで起こる合併症

カウンセリング

糖尿病腎症

腎臓は大切な臓器の1つで、体にある老廃物を排出するために働いてくれる臓器です。しかし、この腎臓は糖尿病によって機能が悪くなってしまうとされています。もし、機能が悪くなれば、尿が腎臓で作ることができなくなるのです。そうなれば、老廃物が溜まったままになるので、人工透析が必要となるのは避けられないでしょう。そのため、糖尿病腎症は一番避けたい合併症ともいわれています。

糖尿病網膜症

糖尿病になると、血管の状態も循環も悪いために、目の方にまで影響が出てきます。それが、この糖尿病網膜症です。なんと、この合併症は糖尿病になると2人に1人の確率で発症する危険があるとされています。最悪の場合、失明することもあるので、こちらも覚えておきたい合併症の1つでしょう。

糖尿病神経障害

糖尿病によって血管がボロボロになることで、神経も含めてボロボロになっていくのです。神経は血管から栄養を届けてもらっているため、糖尿病だと栄養不足になりやすくなっています。その結果、神経障害が発生するのです。神経に障害が起こると、痛みなどの感覚を感じることもできなくなります。そして、傷口はひどくなり、最終的には壊疽してしまうでしょう。

広告募集中